満寿泉 リンク8888

満寿泉 リンク8888 720ml/6,050円(税込)
8,888km離れた、スコットランドのキースに蒸留所を構える「シーバスリーガル」と、富山市に蔵を構える「満寿泉」。
スコッチウイスキーと日本酒という異なるカテゴリーでありながら、人、国、文化、伝統、そして職人技が“リンク”し、新たな絆が生まれ、特別な日本酒「リンク8888」が誕生しました。
「リンク8888」は、シーバスリーガル」の熟成樽と、ブランドのDNAとして受け継がれる“アート・オブ・ブレンディング(ブレンディングの芸術)”の技術を日本酒造りに取り入れています。
「シーバスリーガル」の原酒の熟成に18年以上、最低でも12年以上使用した数種類のアメリカンオーク樽をスコットランドから日本へ送り、それらの樽を使って特徴の異なる数種類の純米大吟醸の「満寿泉」を熟成させ、ブレンドすることで、特別な香りと味わいを生み出しました。
2021年生産の「リンク8888」(Batch No.4)には、主に山田穂を使った純米大吟醸、さらに山田錦純米大吟醸やワイン酵母使用の原酒も加えてブレンドしています。
昨年生産した「Batch No.3」に比べて、「Batch No.4」は寒い時期(11月~4月)にのみシーバスリーガルの樽で熟成され、ボトルでの熟成期間が長くなり、より統合されたバランスの取れた、さらにスムーズな味わいに仕上がりました。
フレッシュでありながら、オーク樽由来の微かなアロマにコーティングされたミルキーでクリーミーな味わいをぜひお愉しみください。