山本 純米吟醸 ターコイズブルー

【季節限定品】山本 純米吟醸 ターコイズブルー 1800ml/3,381円(税込)
秋田県で酒米用品種としては初めて採用された『改良信交』。
1955年 湯沢市山田の佐藤保太郎氏が「信交 190号」(たかね錦)から選抜したもので、原品種より早生で心白の発現が良く、醸造特性も良いとされましたが、その収穫の難しさもあってか、ピークの1960年には、2,200ha あった作付けもその後減少の一途を辿り、現在では稀少な酒米となっております。
そんな稀少な酒米で仕込まれ、パワーストーンで邪気を払い、幸運を呼び寄せる意味を持つ「ターコイズ」と名付けました。