米鶴 純米酒 ピンクのカッパ

米鶴 純米酒 ピンクのカッパ 1800ml/2,970円(税込)

なぜ「ピンク色」なのか?
この「ピンクのかっぱ純米酒」がなぜピンク色なのか、それは使われている酵母に秘密があります。
この酵母は「赤色酵母(アデニン要求性酵母)」といい、菌の内部に「赤い色素を蓄積する」という変わった特徴をもつ酵母です。
この酵母がお酒のもと(もろみ)が発酵するにつれて増えていき、最終的にはもろみが濃いピンク色に染まって見えるほどになります。
そのもろみから独自の方法を用いて「ピンク色を保ったまま搾る」ことで、透き通ったピンク色のお酒が出来上がるのです。

次の記事

澤屋まつもと 純米New!!